井上誠耕園|およそ4500本のオリーブへの愛情は誰にも負けない!

70年以上、親子三代で土を耕し


栽培から加工・販売まで手がける。


昭和15年(1940年)に初代・井上太子治が、水はけの良い南向きの斜面を開墾し、1本の蜜柑の苗木を植樹。昭和21年(1946年)、二代目・井上勝由が、戦地から戻った兄弟たちとオリーブの木を植えたのが井上誠耕園の始まりです。現在、オリーブ畑の広さは約38,000坪まで広がり、土作りから施肥、剪定、暑い真夏の摘果(間引き)、秋の収穫まで農園スタッフが愛情を込めて栽培します。 果実の美味しさがオイルの良し悪しを決めることをスタッフも熟知しているので、手間を惜しみません。特筆すべきは手摘みによる収穫。果実が傷つくと酸化が進むため、傷つけないよう一粒一粒大切に手で収穫します。さらに、品種や完熟度など果実の状態によって、搾る時間や温度を変え、新鮮な採れたてのうちに匠が搾油します。

「農家らしく、小豆島らしく」


手摘みのオリーブ加工品をお土産に。


小豆島でのオリーブの収穫は9月下旬から12月上旬にかけて。採れたてのオリーブの実を浅漬けにした「新漬けオリーブ」は、この時期だけの旬の美味しさです。最も味わっていただきたいのは、数量限定・季節限定の「エキストラヴァージン緑果オリーブオイル」。 オリーブひと粒から数滴しか取れない稀少なオリーブオイルです。早摘みの「緑果」にこだわることで、栄養分ポリフェノールをたっぷり含み、ピリッと辛口スパイシーな、料理を引き立てる風味に仕上がっています。グリーンの色合いも美しく、手書きのロットナンバーがプレミア感をアピール。直売ショップ「らしく本館 mother’s」では、オリーブオイルのテイスティングも体験できます。また、オリーブを使った各種調味料や、オリーブの葉生パスタなどさまざまな加工食品も販売しています。

Shop data

店舗情報

住所香川県小豆郡小豆島町蒲生甲61-4
(井上誠耕園らしく園)
TEL0879-75-1133
営業時間9:00〜17:00
定休日年中無休
駐車場

TOP